気に入った生地で簡単にオリジナルピンバッジが作れる

バッグや帽子などに個性を出すために、おしゃれなピンバッジを付ける方も少なくないでしょう。最近ではデザインも豊富で、なおかつサイズや形状も様々なものが販売されています。中にはオリジナルのピンバッジを自分で作成する方もいらっしゃいます。バッジは意外にも簡単に作ることが出来るのをご存知でしょうか。非常に手軽なものから本格的なものまで、その作り方も様々なものがあります。一度作ってしまえば、すぐに慣れていくつでも作れるようになってきますので、プレゼントとしても喜ばれることでしょうし、会社やサークルなどのおそろいアイテムとしてもお勧めです。世界に一つしかない完全オリジナルのアイテムを持ってみたいという方にも、クラフト初心者の方にもお勧めの作り方をいくつか紹介していきます。

お気に入りの生地で簡単に作る方法

ハンドメイドを趣味としている方に特におすすめのオリジナルバッジの作り方です。くるみボタンの金具を使って作る方法です。ハンドメイド専門店や100均などに販売されているくるみボタンのキットでは、お好きな生地を使えば簡単にボタンが作れるのですが、そのボタン穴に安全ピンを通せばバッジになるのです。くるみボタンのキットは円の大きさも色々なものがありますので、作りたいサイズのものを選んでチャレンジしてみましょう。きれいに作るコツとしては、生地がよれないように出来るだけきれいな円形に生地をカットすることです。また、縁の部分にギザギザの切れ込みを入れることによって生地の重なりを軽減させることが出来ます。生地だけでなく、紙やラミネート生地でも作れますし、作り直しも可能なので初心者でもおすすめです。

より本格的なものを作ってみたい方は

くるみボタンでは非常に簡単に作ることが出来るのですが、円形しか作れないというネックがあります。好きな形に作りたいという方は、プラ板やレジン液を使って作ってみましょう。あらかじめ大きめに描いたイラストを切り取り、オーブンで温めてプレスすれば好きな形のベースが出来上がります。多少慣れが必要ですが、コツを掴めば上手に作れるようになってきます。レジン液を使えばぷっくりとした光沢感も出せて高級感が増します。裏に安全ピンをつければ出来上がりです。少しお金はかかりますが、ピンバッジ作成用のキットなども売られています。缶バッジ用のものなどもありますので、より本格的なものを作りたい方におすすめです。また、ネット注文で簡単にオリジナルバッジの作成をオーダーすることも出来ます。一度にたくさん作りたいという方にはこちらがお勧めです。